コンテンツへスキップ

健康保険組合とは

健康保険組合は、国に変わって健康保険事業を営む公法人になります。

健康保険組合には、法人単体で設立を行う「単一健康保険組合」と業界の法人が集まって設立を行う「総合健康保険組合」があり、いずれも厚生労働大臣の認可を得て設立され、「単一健康保険組合」は700名以上、「総合健康保険組合」は3,000名以上の被保険者が集まることで設立が可能になります。

今回はアミューズメント業界における「総合健康保険組合」の設立に向けて動くため、3,000名以上の被保険者のご賛同が必要になります。

事業主と被保険者及び任意継続被保険者をもって健康保険組合は組織され、相互扶助の精神によりお互いを支え合い運営が行われます。